そもそも「弁当」って何なんですかね。

携帯食料がなぜ「弁当」なのか。「弁を当てる」だと「物申す」みたいな意味っぽいですよね。なぜそれが食べ物になっちゃうんでしょう。日本語って難しいなあ。

我が三省堂国語辞典(金田一京助編)によると。
【弁当】入れものに入れて持っていき、外出先食べる簡単な食事

金田一先生、それは分かってるんですよ。なんで弁を当てると食事になるんでしょうか?

天国から「ggrks」という声が聞こえたような気がしますのでggってみました。

中国南宋時代の俗語「便當」が語源らしく、「好都合」「便利なこと」という意味だとか。「弁えて(そなえて)用に当てる」で「弁当」なんですね。それなら「便当」でもよさそうなモンですが、「便を当てる」だと食欲が失せる可能性がありますね。あははは。すみません。

弁当の語源が分かったところで、築地が誇るオーセンティックなお食事処「中村屋」に向かいます。中村屋のランチは「弁当」がイケるんだそうですよ。

nakamura_yasai001

2階のテーブル席について、注文は一択「本日のお弁当(800円)」です。この日は串カツ、生姜焼き、麻婆豆腐的なもの、味付け玉子など。和洋中が入り乱れるカオス感がたまらない。

2015nakamuraya002

なかなかボリューミーな串カツですね。しっかり串にまでコロモをつけて揚げちゃってるところがお茶目でステキです。

2015nakamuraya001

辛味のない麻婆豆腐的な何か。がっちりトロミがつけられ、箸で食べるにはちょうどいい固さです。

2015nakamuraya004

玉子焼きが1切れ入っているのに、味付け玉子丸ごと1個というダブルタマゴ。何でもアリのバーリトゥード弁当ですね。

2015nakamuraya003

味玉をパックリ割ってオンザライス。流行にあえて背を向けるハードボイルド。「ウチは定食屋だ。流行りの半熟トロトロが食いたきゃヨソに行ってくれ」と言わんばかりの硬派な主張が感じられます。かっこいいぜ。

2015nakamuraya005

ご飯が足りなくなるくらいのオカズ満艦飾弁当、ガッツリ満腹満足のランチになりました。しかも食後にホットコーヒーのサービス。ホットかアイスか聞くこともせず、問答無用のホット一択という潔さにシビレます。こういうお店、大好きですよ。

このお店、飲み会でたまに使わせてもらっています。3階の座敷で飲んでいると、合宿の飲み会を思い出して楽しくなります。近いうちに、ハムエッグや生姜焼き、ナポリタンなどオカズ感のあるツマミで一杯やりたいものです。

◆食事処 中村屋
所在地:中央区築地1−4−9
電話:03−3543−1876