お久しブリーフです。元販売局員あらため広告局員です。

ランチ日記がリニューアルしたとたん、やたらと仕事が忙しくなってうっかり10日近く放置プレイという体たらくでした。すみません。

ブログの管理画面も変わり、ビクビクしつつアレコレ新機能をイジりながらの更新です。タグってヤツが付けられたり、画像の取り込み方がカンタンになったり、独りPCに向かいながらニヤニヤしていますよ。

そうそう、コメントはどうやらFacebookにログインしていないと投稿できないようです。これだとナス好き元ブチョーはコメントできませんね。それとも、ここのコメント用に「ナス好き元ブチョー」で新アカウントを取るとか。あははは。

さーて、リニューアルの筆おろしネタといきましょうか。

当然一発目はかつ平・・・とはならず、まさかの「天辰」です。

2015tentatsu001

定番の「のっけ定食(1100円)」ばかりではネタになりませんので、たまには「づけ鮪とかき揚げの丼ぶり(1100円)」にしてみましょうか。

2015tentatsu002

まさかのかき揚げ忘れ?アレレ?

2015tentatsu003

女性店員さんから「かき揚げはご飯の下に入ってますので」との説明でホッと胸をなでおろします。まさかのサプライズ丼だったんですねー。

2015tentatsu004

鮪のづけをめくり、炊きたてご飯を掘ってみるとかき揚げが顔を出します。あると分かっていても、お宝を掘り当てるのは嬉しいものです。塩昆布なんかもそうですが、ご飯に埋め込まれたウマイものを採掘するのは楽しい作業ですね。

2015tentatsu005

揚げたてサクサクのかき揚げをご飯に埋めるのはいかがなものか、というご意見もあるでしょう。そこは築地が誇る天ぷら天辰、コロモの表面はご飯に蒸らされてシットリしつつも、中はサクサクと小気味いい歯触りが残っています。蒸れたオッサンはとても良くないものですが、揚げたてサクサクのかき揚げはちょい蒸れくらいがおいしい。づけ鮪のサッパリ、かき揚げのコッテリを交互に味わいました。

この丼、気に入りました。次回はもうちょいかき揚げを蒸らしてもいいかもしれません。前半はマグロのづけでご飯を食べ、後半はかき揚げをザクザクと箸で崩してご飯とガッツリ混ぜ込んで一気にかっこむという一度で二度おいしい方式で食べるのもいいかもしれませんね。

◆つきぢ 天辰
所在地:中央区築地7-11-12
電話:03-3541-6492

築地ランチ日記のバックナンバーはこちらからどうぞ。http://enjoy.nikkansports.com/blog/top-blog.html